送料無料 開梱設置 シンプルモダン・ウォルナットダイニングボード・引き戸・ルーバー・食器棚・100cm幅・シリーズ商品・奥行50cm・彩 wakt stsv dakt c08bbftwg42053-大割引

当社はアジアで「海外の投資家向けに日本の物件販売」と フォロー

送料無料 開梱設置 シンプルモダン・ウォルナットダイニングボード・引き戸・ルーバー・食器棚・100cm幅・シリーズ商品・奥行50cm・彩 wakt stsv dakt c08bbftwg42053-大割引

ダイニングボード  sgdb001

商品説明

● ウォルナット突板をルーバーデザインの前板に採用した
  シンプルモダンデザイン

● 使いやすい引き戸タイプのスライドとびらで開け閉めに
場所をとらず、大きく開口するので食器の出し入れしやすい作り。

● 女性にちょうど良い高さ 190cm。

● 同シリーズにレンジボードもございます。

● サイズ違いで120cm幅のタイプもございます。

● 和テイストでもモダンテイストにも対応できるデザイン。


● サイズ   外寸サイズ 幅1005×奥行500×高さ1900mm

● 仕様 材質
 
主材 ウォルナット突板 化粧合板 MDF (内部 コート紙) 
 
海外生産品 完成品(棚板取付はお客様の作業となります。)






送料無料 開梱設置 シンプルモダン・ウォルナットダイニングボード・引き戸・ルーバー・食器棚・100cm幅・シリーズ商品・奥行50cm・彩 wakt dakt stsv

○トマトときゅうりのヨーグルトサラダ

トマト
きゅうり
バジル
黒胡椒

<ドレッシング>
ヨーグルト
レモン汁
オリーブオイル
おろしにんにく
はちみつ

①ドレッシングの材料を全て混ぜる
②トマト、きゅうりは一口大にざっくりと切り分ける
③ドレッシングをお皿に広げ、上にトマト、きゅうりを乗せ、バジルをちぎりながら散らす。最後に黒胡椒を挽く

TEAK IRON SOFA 1ST《アイアンソファ1シーター》本革木飾り付き省スペースソファー 〔1人掛け〕 肘付き ダークグリーン(緑)

先日、洋服を見に行った時のこと。エスニックというのか、リゾートというのか。リネンの素材のものや明るい彩りのものが並んでいて、身にまとうことを想像してなんとも涼やかでした。ちょうど流れていた音楽がスペイン風だったので、行ったこともないのに西欧の青と白の光景が浮かんできました。「夏だね」とささやくと、「もう7月だからね」と言う。

海に行くのが好きで、とは言っても泳いだり体を焼いたりというわけではなく、波の音や砂の上をのんびりと歩いているのが良いようです。夏の海岸沿いは何とはなしにふわふわと浮わついた心地がして、いつもの暮らしている地面とはまた少し違う。それは住んでいるところから少し離れていることも関係あるのかもしれません。毎日歩いているうちに踏み固められたところとは、感触も変わるのかなと。

近所には野菜の直売所があって、タイミングが合うときにはのぞくようにしています。季節の野菜が並んでいると、見るだけでも楽しいし、そこのお家の方がいれば畑の様子を伺うこともできます。最近ではきゅうり、なす、トマトの夏野菜。「きゅうりのできが良くなくてねえ」とおっしゃっていました。

季節感を重んじるというと、少しニュアンスが違うかもしれないけれど。自分の感覚としては、たとえば夏の青空に白い雲が浮いている景色を思い出して、心も浮わつくような楽しさがあって、それはなんだか、昔の楽しかった思い出に浸るような、古く親しい友人と再開した時のような心地と似ています。

長く続く梅雨空に飽きてくる頃。「もうすぐだよ」という季節の便りが嬉しく思えるのです。

…つまり、そんな季節のサラダです。

日々の食の中で備えがあると役立つものをご紹介します。「常に全てをストックしておく」という縛りがあると、逆に不自由な感じもするので、「なるたけ用意しておこう」くらいの姿勢です。

①香味野菜ミックス、サラダベース

…香味野菜ミックスは、かいわれ大根やその他のスプラウト、大葉やハーブ、ねぎなど。サラダベースは葉野菜や水菜など、生野菜サラダの材料。これらを切り分け、洗い、水気を取って、そのまま食べられる状態にしておきます。

使い道としては、サラダ、メインに添える(洋食プレート風に)、鍋やスープに加えるなど。用意しておくと簡単に彩りを補えて、華やかさが生まれるような気がします。また風味や味わいの変化、広がりは満足度にも繋がるでしょうか。

②ソース

…食材につけるだけで一品になるので、焼くだけ蒸すだけの料理が可能になります。

(例)
・洋風:オーロラソース、タルタルソース、トマトソース、サラダのドレッシング
・中華風:ユーリンソース(中華風香味だれ)、チリソース
・和風:濃いめの野菜あん、焼肉のたれ

基本的には少し濃いめの味付けにしておいて、「味の淡い食材と一緒に食べて丁度良いくらい」というイメージでしょうか。

③風味のもの

…人それぞれにいつも使う、基本の調味料があるかと思います。私の場合は和食が多いので、塩、醤油、味噌、砂糖、味醂、酒、米酢をよく使います。こうした自分にとっての基本の味に、風味や辛味などの少し違った味わいを付け加えるようにすると、味わいが広がって楽しいように感じます。

北欧調片肘付きソファー 〔2人掛け〕 木製フレーム 座面:ファブリック生地 グレー 『エコモ』 HOC-152GY送料無料 ローソファ レザー調 組み合わせ自在 モジュール ローソファ Luciano ルチアーノ ソファ 肘なし 2P単品
(例)
・旬の野菜や果物:筍、山菜、柚子など
・基本以外の調味料や発酵食品:外国のものや地方のもの、アンチョビや塩辛、漬け物、中国味噌など
・通年で馴染み深いもの:胡麻、唐辛子、オリーブオイルなど

これらの、基本に付け加えるものは、あくまで少しずつを手に入れて使い切るようなペースで良いかなと思います。風味の異なるものは馴染みの薄いもの、落ち着く味というよりは刺激的な味というイメージ。香りや風味は時間が経つにつれて飛んでいくので、美味しく頂けるように。時折お見かけしますが、「たまにの旅先で買い求める」というのも楽しいかもしれません。旅の思い出と共に、友人と食卓を囲むと話も弾みます。

また、風味のものにもわりあい馴染み深いものがあると思います。私にとっては生姜、にんにく、胡麻、オリーブオイルなど。これらは「基本の味」に近いものとして常備しておきます。それでも少し加えると、単純な醤油味が胡麻和えになったりと、味わいの広がる楽しさがあります。

【献立】

・菜の花と海苔のかき揚げ丼
・だし巻き卵の野菜あんかけ
・長芋ときゃべつの味噌汁

主食:玄米
主菜:卵
副菜:菜の花、海苔、人参、しめじ、エリンギ、ねぎ、長芋、きゃべつ

【料理】

菜の花と海苔のかき揚げ丼

①一口に分けた菜の花、海苔、千にした人参をボウルに入れ、薄力粉をまぶす
②かき揚げの衣*を作り、具材に絡め、揚げる
③ご飯、天つゆ**、かき揚げと盛り、最後に天つゆをもう一度かける

今回はボウルに薄力粉、具材を入れて粉をまぶしてから、そのまま水を加えて衣にしました。粉1.2~1.5:水1くらいを目安に、ゆるすぎず、まとまるくらいに水を加えました

天つゆは、だし4:醤油1:砂糖0.5を目安にしました

だし巻き卵の野菜あんかけ

①だし、醤油、砂糖でしめじ、エリンギ、ねぎ、生姜を煮る
②片栗粉でとろみ付け
③だし巻き卵を盛り、野菜あんをかけ、最後に黒胡椒を挽く

天つゆと同じく、だし4:醤油1:砂糖0.5を目安にしました

〔日本製〕カバーリングフロアマット付ソファ 〔Lサイズ〕 グリーンこたつに合わせる フロアコーナーソファ 15mm厚 コの字タイプ 小 コーナーソファ ローソファ こたつ用ソファ 日本製 ソファ ソファー こたつ コ 安い

①揚げ物の省力化

…天ぷらやかき揚げは、揚げる手間、衣を作る手間、洗い物の手間、とにかくその労力が課題。手間や労力の大きいものは敬遠されがちですが、揚げ物がレパートリーに加わると選択肢が広がり、何より揚げ立ての美味しさもあり、とても心強いという面もあります。

できるだけ手間を省く方法として以下のことを実践しています。

・オイルポットを活用する(揚げ油を使い回す、油切りの網を揚げ上がり置きに使う)
・薄力粉は口の大きなキャニスターに入れ、はかりをすぐに使えるよう配置しておく
・油が触れる箇所を少なくする(オイルポットの網、揚げ箸、中華鍋に留める)、また油物はまとめておいて最後に洗う

オイルポットは中華鍋の油ならしにも活用するため、使う頻度は多いです。薄力粉は袋のまま使うよりも、キャニスターに入れた方が粉の飛び散りも少なくて扱いやすい。口が広い容器が便利です。

油が他の食器に移らないようにする工夫は、常の洗い物でも使えます。油汚れは少し手間なので、まとめておいて順番を最後に回します。

②あんの活用

…「だし4:醤油1:砂糖0.5」のあんは濃いめの味付けで、「かけて食べる」というイメージです。茶碗蒸し、湯豆腐、とろみを付けなければ天つゆになります。おおよそですが、お酢を3程加えると、三杯酢になります。和え物にも使えます。

牛本革ハイバック木飾り付ソファ ブラウン 1人掛シングルソファ ヴィンセント アームソファ 英国 イングランド アンティーク ヴィンテージ トラディッショナル ハイグレード レトロ vl1p73k

緑と白の彩り。桜も近づいているようです。

菜の花は野から、海苔は海から。食べ物の「出会い」と言えば筍とわかめ。互いに知らないどこか遠くから、何かのご縁で共になる。「ああ、いいなあ」という心地よさを生むこともある。人と人との付き合いも似たところがあって、二人が互いの良いところを伸ばし、足りないところを補うような間柄、阿吽の呼吸は強く美しい。

人は自ら動くことができるけれど、食べ物はそうもいかないから、人の手を介して「出会い」へと導く。いや、これは人も同じか。

いずれにしても。「収まりの良いところ」は、きっと何ものにもあるのでしょう。

【献立】

・ぶり大根の混ぜご飯
・人参の胡麻酢
・ほうれん草のお浸し
・ねぎとえのきの味噌汁

主食:玄米
主菜:ぶり
副菜:大根、人参、ほうれん草、ねぎ、えのき

【料理】

ぶり大根

①ぶりのあらに塩を振っておき、熱湯をかけ、水で洗う
②昆布、厚切り大根、ねぎ、生姜、ぶりのあらを酒と水で煮る
③砂糖、醤油を加えて煮詰める

混ぜご飯

①ぶりのあらの身をほぐし、一口にした大根、胡麻油、ぶり大根の煮汁と共に玄米ご飯に混ぜる
②盛りつけ、千切り生姜を乗せ、黒胡椒を挽く

人参の胡麻酢

①千切り人参をレンジにかける
②すり胡麻、醤油、砂糖、米酢を和える*

レンジにかけるところから和える、保存まで、全てタッパーで行いました。調味料を加えてから蓋をして振るだけで仕上がります

【note】

①混ぜご飯

…様々な材料が使えるために応用の幅が広いことと、炊いたご飯のアレンジの選択肢となり、食べたいときに味付きご飯が食べられるというところも重宝しています(個人的に味付きご飯が好きなのです)。

レシピは基本的に混ぜるだけ。この時、「風味、旨味、食感」を取り合わせると満足度も高まるかなと思います(ちなみに、この取り合わせはかき揚げや春巻きでも使える発想のようです。単純においしい要素をふんだんに合わせるということでしょうか)。

例)
・鶏チャーシュー、海苔、ねぎ、生姜、胡麻油(あればチャーシューの漬けだれで味付け)
・焼き鮭、葉生姜の甘酢漬け、大葉、胡麻油(お弁当の中身を使いました)
・ビビンパ:ナムル(もやし、青菜、ぜんまいなど)、コチュジャン、卵

②胡麻をミルに入れる

…白胡麻を煎ってから、ミルに詰めたものを常備しています。お浸しなど、最後に乗せるトッピングにしたり、少量の胡麻和えにしたりもします(今回の人参の胡麻酢にはこれを使いました)。すり鉢を扱う手間を省き、手軽に風味を使えるようにしておきます。

フロアコーナーカウチソファ Levin レヴィン ソファ ロータイプ 3Pファブリック フロアソファ 〔Lucy〕ルーシー ソファ 単品 ワイド肘 ロータイプ 2.5Pサイズ ブラウン

立派なぶりが四切れ。半分は身で、半分はあら。やはりぶり大根が食べたくなる。もう、いつ作ったかも覚えていませんが、それでもあのおいしさは強く残っていて。冬野菜も終わりだというところで駆け込みました。

タイミングが合えば直売所で野菜を頂くのですが、さらに運良くそこの方にお会いした時、その上に余裕もあれば、「冬野菜ももう終わりですかね」とか、「これからの季節は何が取れますか」なんてお伺いしたりもします。「白菜、蕪、大根はもう取り終えて」とお聞きしたのはつい先日のことでした。これからは夏野菜に向けて準備を始めると。

三月。

少しずつ気温の上がる日も見え始め。「春キャベツの春巻き」なんてお言葉も耳に入り始めました。

名残惜しさと待ち遠しさと。季節の変わり目というものは、こんな風にして心を動かし、体を動かすのですね。

【献立】

・フォカッチャ
・鯖カレー
・ポテトサラダ
・ルッコラサラダ

主食:フォカッチャ
主菜:さば、卵
副菜:ねぎ、えのき、大根菜、じゃがいも、ルッコラ

【料理】

フォカッチャ

①強力粉、塩、砂糖、インスタントドライイースト、オリーブオイル、水を混ぜる*
②まとまったら一次発酵
③パンチをして、冷蔵庫で一晩、低温発酵
④表面にオリーブオイルを塗り、230℃のオーブンで15分程焼く

フロアソファ【Lucy】ルーシー 2P+オットマンソファーベッド 〔シングルサイズ〕 PVCレザー(合皮) クッション2個/肘付き ダークブラウン 〔Milano〕ミラノ〔代引不可〕

①フォカッチャ

…こね作業をほとんどせず発酵へと進みましたが、それでもしっかりと仕上がりました。計量から一次発酵までで5分~10分程。一次発酵は30分程放置、パンチ(ガス抜き)をして平たく成形してから冷蔵庫へ。基本的には放置で、実際に手を掛ける時間は20分程でしょうか。いくつかタイミングを合わせる場面はありますが、朝の身仕度、夜の自由時間に沿うような形で取り入れることは、わりあい楽かもしれません。

焼き立てのパンがとてもおいしくて好きなので、なんとか取り入れたいと試行錯誤していましたが。こね作業の少ないフォカッチャと、低温発酵を組み合わせるところに今は落ち着いています。フォカッチャはピザ生地にもなるし、日が経ったらラスクにしたり、パン粉にもできるなど、活用の幅が広いところも利点です。

②朝の身仕度の時間に

…朝の身仕度の時間がいくらかあるのですが、この間に手の掛からない作業を行います。パンを焼く、土鍋での炊飯、茹でる、蒸す、湯を沸かすなど。今朝はフォカッチャを焼き、玄米を炊き、じゃがいもと卵を茹でる作業。ポテトサラダについて言うと、火さえ通っていれば(そのままでも食べられる状態であれば)だいぶ短縮できます。

ソファ〔トリップ BOAT〕 2人掛け 白〔代引不可〕ソファ&オットマンセット 1人掛け おしゃれ コンパクト 〔1P 幅75cm〕 脚あり

昔は朝パン派でした。それは覚えているけれど、どうやって食べていたかは完全に忘れてて。マーガリンを塗っていたのか、ジャムを塗っていたのか、もしかしたら何も付けずにそのまま食べていたなんてこともあり得る。

最近はパンが流行のような感じもしますが、気付けばこの頃はご飯派になっていました。玄米ご飯にお味噌汁、主菜のおかずと野菜の小鉢を付ける形が多いようです。とは言え、雑誌や人のお話を聞くと「ああ食べたいなあ」と感化されるから、やっぱり好きは好き。

「焼き立てのパンと揚げ立てのコロッケにまずいものはない」を合言葉にしています。こんなことを言うと手前味噌にもなりかねませんが。家で作ると楽しいものも、探してみると案外ホクホク見つかるもののようです。

【献立】

・鯖カレー
・玄米ご飯
・人参ナムル

主食:玄米
主菜:さば
副菜:ねぎ、えのき、大根菜、人参

【料理】

①カレー粉を調合する

…カレールーや市販のカレー粉を使っても良いのですが、それぞれのスパイスの特徴やカレーの作り方を学びたいということもあって、最近は調合し、ミルで挽いて作るようにしています。パウダー状の方が香りが飛びやすいということもあり、香りのもの(クミン、コリアンダー、カルダモン、クローブなど)はホールで、それ以外の辛味や色付け(ターメリック、パプリカ)のものはパウダーでストックしています。

調合の基本となるものはクミン、コリアンダー、チリペッパー、ターメリックのようです。ここにカルダモンやクローブなど、好みで足していくような発想。私の場合ですが、作るものに和食が多いということもあり、辛味に七味やラー油を使うこともあります。

②カレーの構成

…カレーの構成は「カレー粉+香味野菜+だし+具(+とろみ)」でしょうか。香味野菜としては玉ねぎ、にんにく、生姜がまず浮かびます。だしは和風か洋風か。和風ならカレーうどんなど、「おそば屋さんのカレー」のイメージ。とろみ付けするものは和風、洋風のカレー、とろみ付けしないものはインドやエスニックの印象を受けます。和風では片栗粉、洋風では小麦粉を加えるでしょうか。今回はバケットでとろみ付けをしましたが、野菜のピュレ(じゃがいも、里芋など。または「ブロッコリーのドライカレー」というものも見かけました)も使えるようです。

籐 ソファ 2人掛け ラタン製 ラブチェアー 幅118cm ( アジアン家具 籐家具 ソファー )宮付き デザインベッド シングル ウォールナット プレミアムポケットコイルマットレス付き 2口コンセント 『CHERLE』〔代引不可〕

できるだけ使いきることを心掛けています。鯖の中骨に付いた身も、箸でせせってみると思いの外取れる。それから大根の葉の部分、これはアクが強かったり、筋張っていたりもするけれど、細かく刻んで、茹でて水にさらしたものは青味として重宝します。皮を厚くむくようにしますが、やはり気になるのでこちらは細くして金平に。歯触りが良くて好みだったりもします。

「手が掛かるほど愛しい」とも言うでしょうか。目をかけ、手をかけ、心を寄せるうちに愛着が湧いてくるのかもしれないなあと。いらないと思っても、一度立ち止まってじっと眺めてみるのも良いのかもしれません。